最善で最新の診療を提供して、
笑顔を増やすように努めます。

教授
あいさつGreeting

病気に立ち向かう気概を持ち、
心優しく謙虚な
フィジシャン・サイエンティストの
育成に努めます

教授渡辺 宏久

詳しく見る

先輩からの
メッセージMessage

お知らせNews

研究情報の公開について(オプトアウト)

研究に関する国が定めた倫理指針に基づいて、当教室で行っている臨床研究のなかで、診療データ等の情報を用いる研究の場合には、対象となる患者様から直接同意を受けない場合があります。このような場合に「オプトアウト」といって、あらかじめ研究内容の詳細をホームページなどを通じて患者様に公開し、対象となる患者様が拒否できる機会を設けています。

上記の情報公開文書をお読みになり、研究のためにご自身のデータや検体が使用されることを望まない方は、担当者までお知らせください。

  • 医療記録を用いた、一過性脳虚血発作との比較による一過性全健忘の後方視的検討PDF
  • パーキンソン関連疾患におけるセロトニンイメージングの可能性PDF
  • 脳血流シンチグラフィーによるパーキンソン病の脳血流低下様式の検討PDF
  • 神経疾患における全身複雑ネットワークの数理モデル構築PDF
  • 神経変性疾患におけるバイオマーカーとしての脳脊髄液、血清中の各蛋白濃度等測定PDF
  • 医療記録を用いた、肥厚性硬膜炎の臨床症候および長期予後の後方視的検討PDF